歯科医師として

●先祖は

祖父の叔父が電通の創業者である光永星郎。

父も電通だったのでその世界に興味を抱いてもいたが、大学浪人中に人の身体を治す“医療”というものについて友人と語り合ううちに、人を元気にするということに対する素晴らしさに目覚め、医療の世界を目指す。



歯科の世界へ進んで最先端の設備を取り入れた歯科医院を創りあげたいという目標を掲げ、九州大学へ。

●インプラントを極めたい

世の中には歯を喪失して困っている人が大変多いという現状を知り、素晴らしいインプラント技術が提供できればそれが変えられるのではないか?という思いを抱く。

インプラントの知識・技術を極めるために、世界最高峰のハーバード大学へ。Dr.Weber に学ぶ。

30代の自分にとってはデッカイ挑戦だったハーバード大学。

その海外武者修行は、歯科の技術や知識以外にもたくさんのことを学ばせてくれた。

ボストンの街、ニューヨークの街、フロリダのマイアミの街、バハマのナッソーの街、エルーセラ島の街、目的を終えてすぐに帰国せず渡り歩いた数々の異国の土地。

見るもの聞くことの全てがさらに自分の感性を研ぎ澄ませてくれた。

●歯科医院を開院

2000年、千葉県野田市にいちょう通り歯科を開院。

“やさしい治療” “最新の治療” をモットーに、医療法人社団優新会を設立。

また、2004年よりインプラントオペ毎にワクチンを寄付する活動をスタート。

●総合格闘技・プロレスのチャリティー大会を主催

2010年、インプラントにおけるワクチン寄付以外にも多くのワクチン寄付をしたく、収益の全額をポリオワクチンとしてミャンマーの子どもたちに送るプロレス・総合格闘技の大会をプロデュース。自らも選手として出場。

●あるかたの一言がきっかけで第二の歯科医院を開院

大会出場のため総合格闘技ジム『BRAVE』に入門し、シドニー五輪レスリング日本代表宮田和幸代表のもと練習を積む。

ある日そこで、多くのオリンピック選手たちを指導・施療されているトレーナーのかたに出会い、東京オリンピックに向けて、オリンピック選手たちが集いそして歯科治療が受けられる場の設立を提案される。



2014年、選手の皆さんが訪れやすそうな地である表参道~渋谷を選び、本院いちょう通り歯科の分院となるオリンピアKAIデンタルオフィスを開院。

以後、千葉県野田市いちょう通り歯科と、渋谷区オリンピアKAIデンタルオフィスと、曜日を違えて療法の歯科医院で診療を行っています。


オリンピアKAIデンタルオフィスでは、オリンピック選手から一般の方々まで幅広く診療を展開しています。

東京オリンピックに向けて『みんなで戦っています!』

●ひとつにつながった!

前章の祖父の話、インプラント、ポリオワクチン寄付、プロレス・総合格闘技、そしてオリンピック選手の皆さんの治療。それらは一見すると何のつながりもないようにみえるが、それらが時を経てすべてひとつにつながった。


このように他に類を見ない不思議な人生ですが、持ち前のポジティブ思考と多くの皆様のご縁・お力添えのおかげで今に至れています。







~ 自らが現役のアスリートであるがために生み出された ~

●噛み合わせと身体のパフォーマンスの関連性に着眼


現在ではネット等でその詳細やエビデンスは各所から容易に引き出すことができます。

噛み合わせを改善することによる体幹の安定、筋出力のアップ、脳への血流量アップ(集中力アップ)、全身のケガの予防など、噛み合わせを良くすることはスポーツ選手にとって様々な素晴らしい効果をもたらします。

選手の皆様自身もそれは周知してくれています。


しかし東京オリンピックを目前に控えた現在、そういった切り口から選手の皆様に深くアプローチしているクリニックが非常に少ないのが現状です。

私は自らが現役のアスリートであるために、その分野について大変興味を抱いており、何年も研究してきています。


現在、多くの世界のトップ選手の皆さんの噛み合わせの治療を行い、噛み合わせが良くなっていくとともに選手の皆さんの成績に目に見えて反映され、また気持ちも上がっていっていることに大変やりがいを感じています。

(平成30年8月にはその様子がテレビにもとりあげられました。)



●マウスピースの開発にも情熱を注いでいます


噛み合わせを良くすることは、その信号を身体全体にしっかり伝達できるようになるので、その人の持つ潜在能力を最大限引き出してパフォーマンスアップにつながることになります。


また、そうした概念のもと、噛み合わせの良い信号をしっかり全身に伝達できるような特殊設計で競技時に着用するマウスピースを作製すると、同様の効果がもたらされ、それらは相乗効果になります。


マウスピースが世の中にもっと普及しないのは、装着感の悪さが一番の原因だと私は考えています。日々マウスピースを装着している自身の実体験をもとに、抜群の装着感の良さと呼吸のしやすさ、そして選手たちの持つ可能性を最大限に引き出すマウスピースを長年研究し開発しました。

格闘技やラグビーなどのコンタクトスポーツはもちろん、通常従来はマウスピースを着用しなかったすべての競技においても、パフォーマンスアップと怪我防止などの効果が実感できるため、大好評いただいております。


すべての競技においてマウスピースに秘められた可能性は絶大。

競技が変われば使う筋肉の動きや関節の可動域も全然違う。つまりマウスピースも競技によってその特性を生かした全然別ものでなければおかしいということです。私は様々な競技において実際マウスピースを装着してプレーをおこない、そのデーターをもとにその競技に応じたオリジナルのマウスピースの製作をおこなっています。

選手の皆さんの一助となるべく噛み合わせの研究とマウスピースの開発に情熱を注いでいます。






〜 講演 ~

直近では、令和2年7月にインプラント最大手スイスのストローマン社のストローマンジャパンで講演をさせていただきました。

熱い講演になり、聴講者の皆様より大変なご好評をいただきました。



次回は、11月インディバジャパン社にて講演を行います。





~出演・掲載されたテレビ新聞~

・情熱大陸(TBS)

・Nスタ(TBS)

・NEWS5ちゃん(FBS)

・読売新聞「顔」

・西日本新聞

・西日本スポーツ

・日刊ゲンダイ「異色の医師」

・茨城新聞

他、ラジオ番組多数

<連絡先>

お問い合わせは 

医療法人社団優新会本部 TEL・FAX 04(7127)8341

またはメールアドレス japan.olympia@gmail.com  まで


その他

オリンピアKAIデンタルオフィスHP https://www.olympia2020.tokyo/

いちょう通り歯科HP https://www.isdc8341.com/